子どもの居場所学生ボランティアセンター > 事業概要

事業概要

1.基本的な考え方

沖縄の子ども達を取り巻く環境は、全国の中でも極めて深刻とされ、沖縄振興で残された課題の一つとしてこの問題について、今後の沖縄振興計画期間中(平成28~33年度)を「集中対策期間」とし、地域の実情を踏まえた対策に集中的に取り組むとされている。その柱となるのは、(1)子供の貧困対策支援員の配置(支援員は地域に出向いて子どもの貧困の現状を把握し、学校や学習支援施設、居場所づくりを行うNPO等の関係機関との情報共有や、子どもを支援につなげるための調整を行う。また、居場所の担い手を確保するなどして、新たな子どもの居場所づくりの準備等を行う)および、(2)子どもの居場所の運営支援(地域の実情に応じて、食事の提供、生活指導、学習支援等を行いながら、子どもの居場所を提供する取組を支援)である。

本事業は上記「子どもの居場所」を利用する子ども達の子どもの居場所における安心感を向上させると共に、一人一人の子どもの実情に沿った成長を個別にサポートすることを目的とするものである。そのために、「子どもの居場所学生ボランティアセンター」(以下、センター)において、大学コンソーシアム沖縄に所属する11の大学等に在籍する学生を中心に「学生サポートボランティア」の募集・登録を行い、各子どもの居場所の責任者が作成する「学生サポートボランティア派遣申請書」に示される要件と学生サポートボランティアの活動希望のマッチングを行った後に子どもの居場所への派遣を行う。派遣後においても子どもの居場所や各所属大学等との連絡調整等をセンターが継続して実施し、個々の学生サポートボランティアへの支援による活動の質の向上を通して、ボランティア活動がスムーズに実施されることを支援する。

本事業は、「沖縄子供の貧困緊急対策事業」の一環として、内閣府が沖縄県に補助金を交付し、沖縄県が大学コンソーシアム沖縄に事業を委託して、運営されている。

2.ボランティア活動実施方針

子どもの居場所を利用する子ども達と年齢の近い学生が身近な「お兄さん、お姉さん」的な存在となり子どもの居場所における安心感の向上を達成するとともに、一人一人の子ども達のその時々の実情に沿った寄り添い型のサポートを提供することで、子どもの自己肯定感の向上を目指す。このことを通して、子どもの居場所における他の活動や、学校生活における種々の活動参加への意欲が高まることによる正のスパイラルが生じることを目指す。

3.事業内容および実施方法

(1)実施体制等の整備

(2)学生ボランティア活動に関する手引きの作成・見直し

  1.  学生サポートボランティアの手引き(居場所向け・学生向け)の見直し

(3)学生ボランティア活動に関する学生の募集及び登録

  1. 大学コンソーシアム沖縄に所属する11の大学等に対するリーフレット等の配布等
  2. 学生サポートボランティア申込書(活動希望形態を含む)、誓約書(守秘義務を含む)、口座振込依頼書の配布
  3. 学生サポートボランティア申込書等の受理
  4. 所属大学・学校等へ連絡・確認(随時)
  5. 登録(データ入力・管理) (ボランティア登録学生数の目安は300名とする)

(4)学生ボランティア活動に関する学生の研修等

  1. 事前研修会(年4回程度、4月、5月、10月、11月を予定)
  2. 県内の実情や、国内外の先進的取り組みに関する研修会
  3. 参加学生サポートボランティア支援制度(ピアグループ・メンター制度)の実施(年に3回程度)
    沖縄県内の専門職団体にメンター(学生支援専門員)の派遣を依頼し、学生サポートボランティアのサポート力向上を図る。

(5)居場所に対する派遣ニーズの把握等

  1. 各子どもの居場所への手引きの配付と訪問・面談の実施
    学生サポートボランティアと子どもとの不適切な関係(許可なく子ども居場所以外で会う、個別に連絡を取り合う等)に関する監督責任等について確認。

(6)子どもの居場所と派遣学生のマッチング

  1. 各子どもの居場所から提示された要件と学生サポートボランティアの活動希望とのマッチング
  2. 派遣調整後に「学生サポートボランティア活動計画書」作成

(7)子どもの居場所への学生の派遣

  1. ボランティア保険への加入手続き
  2. 子どもの居場所への学生サポートボランティアの派遣(派遣学生数の目安は、月平均110名とする)
  3. 島嶼地域及び僻地の子どもの居場所への学生サポートボランティア派遣(学生の長期休暇中及び週末等)
  4. センターコーディネーターによる個別相談の実施(随時)
  5. センターコーディネーターによる子どもの居場所への訪問(随時)

(8)学生を派遣する子どもの居場所との連絡調整

  1. 事務補佐員による定期的な連絡(月に1回程度)
  2. センターコーディネーターによる個別対応の実施(随時)

(9)学生ボランティア活動の状況確認、集計

  1. 沖縄県への月次報告(毎月20日までに前月分の状況を集計、報告を行う)
  2. WEB管理システムによる出勤簿や活動報告書の管理・取りまとめ
  3. 年度末に報告書作成

(10)派遣学生が所属する大学等との連絡調整

  1. 所属大学への活動状況報告(年に2回程度)
  2. 必要に応じた所属大学との連絡調整の実施(随時)

(11)その他学生ボランティア活動に関する業務

  1. センターHPの更新(随時)
    学生サポートボランティアの募集に関する情報の掲載等、随時更新。
  2. センターコーディネーターによる情報発信
    関連イベントへの取材依頼やコーディネーターによる記事をメディアに投稿等。
  3. 参加学生サポートボランティアによる企画提案型事業の実施
    「沖縄県の子どもの貧困問題を解決するための取り組み」について参加学生サポートボランティアからの企画提案を募集する。
  4. 日本国内外の先進的な取り組みに関する情報収集の実施
  5. 調整会議の実施
    構成員はセンター長、副センター長、コーディネーター、事務補佐員、その他センター長が必要と認める者とする。審議事項はセンターの管理運営に関すること、事業計画に関すること、その他センターに関すること。
  6. その他、学生サポートボランティアの活動推進に寄与する活動の実施

大学コンソーシアム沖縄主催

子どもの居場所学生ボランティアセンターキックオフシンポジウム

平成28年4月に大学コンソーシアム沖縄内に子どもの居場所学生ボランティアセンターが設置され、同年5月から、本センターが本格的に稼働しました。
この度、本センターのキックオフとして、「ボランティア活動における学生の強み」をテーマにシンポジウムを開催し、学生・大学関係者、子どもの居場所関係者及び一般の方も含め100名以上の参加をいただき、内外へ本ボランティアセンターの活動を情報発信することができました。

symposium01

symposium02

日時平成28年9月3日(土)14:00~17:00
場所琉球大学法文新棟215教室
プログラム■挨拶
■報告 内閣府、沖縄県
■基調講演「居場所作りの活動から見えてきた学生ボランティアの役割」幸重 忠孝氏(幸重社会福祉事務所 代表)
■パネルディスカッション「ボランティア活動における学生の強み」

senaha
瀬名波代表理事による挨拶

ikegami
内閣府の取組を報告する池上室長

kisyaba
沖縄県の取組を報告する喜舎場室長

motomura
本村センター長によるセンター活動内容の紹介

yukishige
幸重氏による基調講演

 

センター長あいさつ

寄附者一覧はこちら

学生サポートボランティア派遣状況

居場所一覧 随時更新中!

Copyright © 2020 子どもの居場所学生ボランティアセンター All Rights Reserved.