大学コンソーシアム沖縄 > 事業内容について > 第1回 琉球大学「がんに対する放射線科診療の進歩~最新の診断・治療から緩和まで~」

第1回 琉球大学「がんに対する放射線科診療の進歩~最新の診断・治療から緩和まで~」

大学コンソーシアム沖縄主催第1回県民向け公開講座
琉球大学医学部附属病院第7回沖縄県民の健康公開講座を開催

 平成27年1月25日に、沖縄県立博物館・美術官講堂において、(一社)大学コンソーシアム沖縄及び琉球大学医学部附属病院主催による県民向け公開講座「がんに対する放射線科診療の進歩~最新の診断・治療から緩和まで~を開催しました。(一社)大学コンソーシアム沖縄は、県内の高等教育機関が有機的に連携することにより、教育研究を一層充実発展させ、産学官の連携により、地域社会の活性化と発展に貢献することを目的に設立されました。 その趣旨を踏まえ、この度、大学コンソーシアム沖縄を構成する県内の11の大学・短期大学・高等専門学校が持ち回りにより公開講座を開催することとなりました。本公開講座は、その第1回目の講座として琉球大学が担当して開催したものです。
 また、本公開講座は、琉球大学医学部附属病院が、昨年7月からシリーズとして開催している沖縄県民の健康公開講座(第7回)として合同で実施致しました。
 琉球大学医学部附属病院では、本公開講座を大学病院の活動状況を広く県民に知っていただき、「県民のための大学病院」という使命・役割を明確にし、地域医療への貢献、ひいては県民の健康増進に寄与することを目的としても実施しています。
公開講座では、冒頭、大学コンソーシアム沖縄を代表して、外間登美子琉球大学理事・副学長(地域国際連携担当)から挨拶が行われ、続いて琉球大学医学部附属病院を代表して村山貞之琉球大学大学院医学研究科放射線診断治療学講座教授から挨拶が行われました。

 

  • 挨拶する外間理事・副学長

  • 挨拶する村山教授

その後、同講座講師の岡田真広氏から「がんの画像診断最前線、PET診断でどこまで分かる?」をテーマに、県内のPETの設置状況や琉球大学で実施されているPET診断の最新の状況について説明がありました。
続いて、准教授の戸板孝文氏から「怖くない、からだに優しいがん放射線治療」をテーマに、放射線治療の歴史や琉球大学で実施されている強度変調放射線治療の紹介がありました。
最後に、講師の平安名常一氏から「お薬が中々効かない、がんによる辛さを少しでも楽にするために」をテーマに、塩化ストロンチウム89を用いた疼痛緩和の治療について説明がありました。

  • 講演する岡田講師

  • 講演する戸板准教授

  • 講演する平安名講師

講話後、質問コーナーを設け、会場参加者から出された質問票を元に、司会進行役の村山教授から質問を行い、各講師から回答がありました。
質問の中には、「医療技術が発達する中、なぜ死亡者が減らないのか」との質問に対し、講師からは「がんがひどくなってから受診する患者が多くいる。何よりも、早期発見が大切である」との回答がありました。
70人以上を超す参加者からは、質問に対する各講師の回答に熱心に耳を傾けていました。

  • 質問コーナーの様子

  • 質問コーナーの様子

 大学コンソーシアム沖縄では、次の公開講座を5月に沖縄科学技術大学院大学(OIST)を当番校として実施する予定としており、順次、他の大学等が続きます。
 また、本年3月には、11の大学・短期大学・高等専門学校の学生による学生サミットを予定しております。現在、各校代表者による準備委員会を設けて企画準備しているところです。詳細が分かり次第、ホームページ等でご案内いたします。
 更に、琉球大学附属病院では、第8回沖縄県民の健康公開講座を本年2月に皮膚科が、3月に脳神経外科、4月には第一外科が講座を開催する予定です。是非、ご期待下さい。

 大学コンソーシアム沖縄及び琉球大学医学部附属病院では、沖縄における地域の活性化や発展、地域へ貢献できるよう、これからも尽力して参ります。

加盟校一覧

琉球大学

沖縄キリスト教学院大学 沖縄キリスト教短期大学

沖縄大学

沖縄女子短期大学

沖縄国際大学

沖縄県立芸術大学

名桜大学

沖縄県立看護大学

沖縄工業高等専門学校

沖縄科学技術大学院大学

ベージ上部へ戻る

Copyright © 2019 一般社団法人 大学コンソーシアム沖縄 All Rights Reserved.