子どもの居場所学生ボランティアセンター > センター長あいさつ

センター長あいさつ

センター長 本村 真 子どもの居場所学生ボランティアセンターは、沖縄県内の子どもの居場所を利用する子どもたちと学生をつなぐ役割を担うために、大学コンソーシアム沖縄において2016年4月にその設立が決定されました。子どもたちと年齢の近い学生の皆さんが、身近な「お兄さん、お姉さん」的な存在として子どもたちとかかわることで、子どもたちの自己肯定感の向上に貢献する貴重な存在になると考えています。

 学生の中には社会の役に立つ活動に参加したいという思いがあっても、そのような活動場所へ直接連絡をとることにためらいを感じる場合もあるのではと思います。また、そのような思いがあっても、生活のためにアルバイトに多くの時間を割かなければならない場合もあるのではと思います。学生の皆さんの様々な状況に寄り添いながら、一人一人の思いが実現できるようなサポートを本センターは行っていきたいと思っています。まずは気軽に事前研修会に参加してください。本センターの活動に参加することが、学生の皆さん自身の人生における貴重な経験となることを願っています。

 このように若い学生の皆さんの思いを実現し、社会的な課題の解決を進めるためには、本センターが沖縄県内の産学官金労言ネットワークの中継点となることが重要であると考えています。直接的に子どもの居場所の運営にご尽力されている方々以外にも、すべての子どもたちの成長を支えることの重要性を理解しその実現を切に願い、そのための何らかの直接的な社会貢献を行いたいと考えている方々が、産業関係者、学校関係者、行政関係者、金融関係者、各種労働団体関係者、マスコミ関係者の中に数多くいらっしゃいます。

 このような多くの方々の思いを現実化する一つの受け皿として本センターが広く認知され、そのような多くの思いと子どもたちをつなぐ中継点となれるように、今後もいろいろと創意工夫していきたいと思っています。関係各位の本センターに対するご理解とご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年11月
子どもの居場所学生ボランティアセンター
センター長 本村 真

センター長あいさつ

寄附者一覧はこちら

居場所一覧 随時更新中!

Copyright © 2019 子どもの居場所学生ボランティアセンター All Rights Reserved.